初心者向き、キュートなスノーフレイクとスノーマンネックレスの作り方

こんにちは。
ドラジェの手しごと、楽しきひとときです。
今回は、冬の使者というべき雪の結晶をモチーフにしたスノーフレイクと
雪だるま(スノーマン)のコンビのネックレス作りました。
今回、その作り方ご紹介します。
それでは始めましょう。



スポンサーリンク

材料:
チェーン:1本(40cm留め具付)
スノーフレイク(2.5cm)
丸カン:2mm
甲丸カン:1ケ(3.5×2.0)

スノーマン・モチーフ
淡水パール:2ケ(4mm/ロンデル)
ロンデル:1ケ(1.5mm)

作り方:
1.まずは、スノーマンを作っていきましょう。

Tピンに淡水パール→ロンデル→淡水パールを入れて、Tピンを曲げて

2.Tピンを7mm程度残して、それ以外はニッパーでカットします。

3.丸やっとこで丸めます。

4.甲丸カンを1ケ用意して、スノーフレイクパーツにつなげておきます。

5.この指ぬきのような道具があると、このミゾにに甲丸カンや丸カンなどをはめ
開閉するとき便利ですよ。
両手を使って、丸やっとこと平やっとこでもできますが、こんな道具が1個あるという
ご紹介。

6.チェーンの中心の1コをニッパーでカットします。

7.カットしたら、ここで丸カンにつなげます。
ちょっと手間かと思いますが、甲丸カンがネックレスチェーンに入らないので
チェーンよりも少し大きい丸カンでつなぎます。

8.丸カンのところに、初めに作っておいた”スノーマン”をとりつけましょう。

9.続いて丸カンのところに甲丸カンにつながってるスノーフレイクのパーツを
取り付けましょう。

11.できあがりです。
できあがり寸法:43cm(スノーフレイク・チャーム含む)

ちょっと長めにするとこんな感じです。(70cm)
胸の中心あたりにするとゆったりした印象です。

ハンドメイドすると、チェーンをお好みの長さで好きに作れちゃいます。

作ってみた感想

スノーフレイクとスノーマンのコンビのつけ方をちょこっと工夫してみました。
身に着けた時に、スノーマンをできるだけスノーフレイクの斜めにちょこんと
寄り添わせたかったので、それを丸カンや甲丸カンをつけることで、理想に近づけた気もします。
スノーマンも淡水パールのロンデル型にすることで、ラウンドよりも形が安定するのと、
むしろ可愛らしさを演出できたような気がします。
これからの冬の季節、カジュアルなトップスに合わせて身に着けたいアクセサリーの
できあがり!!です(笑)