リカちゃんのジャケット服、ハンドメイドで作れると楽しい 

こんにちは。ドラジェの手しごと、楽しきひとときです。
いかがお過ごしでしょうか?

今回のドール服は、ジャケットを作ってみました。

ジャケットって敷居が高い感じがしますね。
確かに、パーツもそれなりに多いですし工程も多いですが、
出来上がると下手でも(笑)感動してしまう要素があります。

また襟は、へちまカラーという形で、クラシカルなイメージもあるかな

派手めの生地で作ったジャケットでしたが、かわいらしく仕上がったのでは?と思います。

それでは、さっそく作っていきましょう~!!

モデル:リカちゃん(22.5㎝)

材料:

・生地(表地):約24㎝x35㎝
・生地(裏地):約17㎝x20㎝
・スナップボタン:1組(5㎜)
・ボタン:6㎜(2ケ)

作り方:

1.パーツごとに裁断したら、端にほつれ止めをつけておきます

2.左右の後身ごろを中表に合わせて、中心を縫っていきます

3.縫いしろは、アイロンなどで割ります

画像は、コロコロオープナーです

4.後身ごろができあがりました

確かにジャケットってこんな感じだと思い、感動しちゃいました(笑)

5.後身ごろと前身ごろを中表に合わせて、肩を縫います

6.縫いしろは、アイロンなどで割ります

7.襟裏の中心に印をつけておきます

8.身ごろの襟ぐりと襟裏を縫い合わせていきます

9.左右の外袖と内袖を中表に合わせて、縫います

10.縫いしろは、アイロンなどで割ります

11.袖口を裏側に折り、縫っていきます

12.袖山にギャザーミシンを入れます

13.袖をつけて、表側の身ごろができました

14.では次に、裏地を作っていきます。後身ごろを中表に合わせて、中心をあけて縫い合わせます

15.縫いしろはアイロンなどで割ります

16.肩を縫います

17.縫いしろは、アイロンなどで割ります

18.裏地の袖まわりに、切込みをいれておきます

*切込みを入れるのは、表地の袖をくぐらす時に、もたつき感を防ぎます

19.襟を作っていきます。見返しと襟を中表に合わせて、縫っていきます

20.縫いしろは、アイロンなどで割ります

21.襟ができました

22.裏地と襟を中表に合わせて、まち針で止めていき、縫い合わせていきます

23.カーブ沿いは、もたつき感を防ぐために切込みを入れておきます

24.表地と裏地を合わせていきます

25.表地と裏地を中表に合わせて、まち針で止めていきます

26. 表地の袖は、袖下から脇、裾へと縫っていきます

27. 裏地の脇も縫っていきます

28.裏地の脇が縫えました

29.表地と裏地の裾側をまち針で止めていき、縫っていきます

30.カーブ沿いに切込みを入れておきます

31.裏地の背中部分から、鉗子を使って身ごろを表に出して、整えます

32.裾側はこんな感じになります

33.表側に6㎜のボタンを取り付け、中側にはスナップボタンを取り付けて出来上がりです

リカちゃん試着です

・FRONT・

前をあけると、こんな感じです

・SIDE・

・BACK・

・参考にした本・

いかがでしたか

今回のドール服は、ジャケットを作ってみました。
確かに、パーツも多いし裏地も作らなければいけないので大変ですが、作ってみると
既成服のように出来上がるので達成感もあって、とてもいい時間でした。

襟も今回は、へちまカラーと言われる形ですが、テーラードも作れたり生地もいろんな柄や色でも
作れますし、幅が広がりますね。

きちんとパターンの基礎を勉強した方がいいなとも改めて思いました(笑)

今回はここまでです。ドラジェの手しごと、楽しきひとときにご訪問ありがとうございます。
また次回お会いしましょう~Well then,see you next time.Bye!!