初心者必見ドール服、袖はつけないけど袖があるブラウスの作り方

こんにちは。ドラジェの手しごと、楽しきひとときです。今回は、カジュアルな装いが引き立つブラウスを作ってみました。

袖ぐりも含められている形なので、袖から脇を縫う事でさほど難しい作り方ではないので作りやすいブラウスです。それでは、さっそく作っていきましょう。

モデル:ジェニー(27cm)

材料:

生地:コットン(約20cm×20cm)
ボタン:3ケ(6mm)

作り方:

1.それぞれのパーツの端に、ほつれ止めをつけていきます

2.前身みごろと後みごろを中表にして、両肩を縫います

3.肩の縫いしろをアイロンで割ります

4.えりを作っていきます

5.中表にして半分にします。端を縫います

6.端を縫った部分を折り、はみ出た部分はカットしておきます

7.表にかえして、端にステッチをかけていきます

8.シャツに「えり」取り付けて縫っていきます。えりのカーブ側に切込みを入れると生地が広がるので縫いやすいです

9.次にそで側を少し裏側に折り、縫います

10.続いて「脇」を縫っていきます

11.すそを縫っていきます

12.ボタンを取り付けて、裏側にはスナップをつけます

13.ブラウスのできあがりです

ジェニーの試着です
・FRONT・

・SIDE・

いかがでしたか

今回はブラウスを作ってみました。こちらのブラウスは。わざわざ袖を取り付けないバージョンの作り方なので、初心者の方でも作りやすい形だと思います。

例えば、少し長さを出すスタイルにすれば、シャツワンピースも作れるのでまた違う印象になりますね。

えりのつけ方は、慣れるまでは何度・何度も作ることが上達の1歩なのでコツコツと根気よく作って上手くなると思います。
本日はここまでです。ドラジェの手しごと、楽しきひとときにご訪問いただきありがとうございました。また、次回お会いしましょう!