ドール服、60年代のレトロなラウンドネックワンピースの作り方

こんにちは。ドラジェの手しごと、楽しきひとときです。
今回はスカート部分にタックが入り、えり元はラウンドネックになってる60年代を意識したワンピースを作ってみました。
それでは、さっそく作り方をご紹介します。

モデル:ジェニー(27cm)

材料:

作り方

1.裁断したパーツの端にそれぞれ、ほつれ止めをつけて、スカートの中心にタックを作ります

2.中心に折り目をつけて、左右の約8mm~10mm幅程度中心側に折ります

3.こんな感じになります

4.同じ幅ですそ側まで、アイロンで折り目をつけます

5.ウエスト側のタック部分が崩れないように仮止めのミシンを縫います

6.すそを縫っていきます。アイロンで5mm程度折りミシンで縫います

*タックを作る前に最初にすそを縫った方がいいです。

7.前身ごろと後ろ身ごろを「中表」にして、肩を縫います。縫いしろをアイロンで割ります

8.そで口とえり元に細かいカット入れ、布用ボンドを少量つけながら裏側に倒します

9.そで口はこんな感じです。同じように、えり元も仕上げます

10.えりを中表にして縫いつけていきます。

11.アイロンで前に倒します

12.うら側に倒して、三つ折りか二つ折りにしてまつり縫いします

13.脇を中表にして縫います

14.脇を縫ったら、縫いしろをアイロンで割ります

15.中央のタックを除き、左右に2本のギャザーミシンをかけます

16.左右に入れたギャザーを引き寄せて、身頃とスカートの幅を合わせる

17.身ごろとスカートを中表に合わせて、まち針で止め縫い合わせます

18.表に倒して、アイロンで整えます

19.身ごろにあき止まりを作り、すそまで縫い合わせます

20.身ごろ部分にスナップまたは、ビーズ&ループをつけてできあがりです

・BACK・

・FRONT・

いかがでしたか

レトロな感じのワンピースができました。なかなか、かわいい仕上がりです。
失敗点は、スカートのタックを作る前にすそをミシンで縫い合わせた方がよい事に気づきました。なぜならタックを作ってから、すそをミシンをかけると、すそのタックが「くっついて」しまうので仕上がりが、なんとも残念になってしまいます(笑)

また、そで口と襟もとは布用ボンドで処理できるので、カーブ沿いをミシンを使わなくても楽ちんです。

個人的にはレトロ調な洋服は好きなので、これからも色々作りながらレパートリーを増やしていきたいと思います。

それでは、本日はここまでです。ドラジェの手しごと、楽しきひとときにご訪問くださりありがとうございます。また、次回もお会いしましょう!!