ドール服、かわいさアップ韓国の民族ドレス「チマチョゴリ」の作り方

こんにちは。ドラジェの手しごと、楽しきひとときです。今回は「ゆかたのドールコーディネートレシピ」のページにもある韓国の民族ドレスの「チマチョゴリ」作ってみました。元々こちらの本は「浴衣」の作り方などが載っていますが、それを踏まえて応用編として紹介されてます。個人的にも「チマチョゴリ」の可愛らしさに、とても興味深々だったので作成できたことで楽しい時間を過ごしました。
今回参考にした本は「ゆかたのドールコーディネートレシピ」です。

by カエレバ

こちらの本は、実は図書館にあって借りてきました。もし購入するのを躊躇してしまう時は、図書館を覗いてみると、もしかしたら置いてある場合もあるので、おおいに図書館を活用したいものですね。ではさっそく作っていきましょう!!




スポンサーリンク

モデル:ジェニー(27cm)

材料:上着部分


生地:25cm×20cm(コットン)
スナップボタン:6mm

作り方

1.まず身ごろ2枚を用意して中表にします

2.背中側を縫い合わせます

3.背中側を縫ったところを片側に倒して、アイロンを当てておきます

4.左右の前側をそれぞれに三つ折りにして、”しつけ”をかけます

*画像では間違ってまとめて”しつけ”をかけてしまってますが、左右別にしつけをかけてください

5.首回り(襟ぐり)を5mm残してカットします

6.身ごろと襟を中表に合わせてまち針で止めていきます

7.出来上がり線で身頃を上にして縫っていきます

8.襟を身ごろ側に倒して、まつります。また前側にしつけをかけたところも縫い合わせます

9.袖をつけていきます

10.袖口を3つ折りにして、しつけをかけて縫っていきます

11.袖口のしつけを外しておきます

12.身ごろのつけ位置に袖を中表にして、つけどまり間を縫います。ほつれやすいので返し縫または、縫い始めの部分を玉結びしてあげてください

13.裏に反して、縫いしろを同じ幅で身頃までアイロンで割ります

14.袖下と脇を中表にして縫っていきます

15.鉗子などを使って、表にひっくり返します

16.上着ができあがりました。次にスカートを作っていきます





スポンサーリンク

材料:スカート部分


生地(スカート):75cm×23cm
生地(ベルト):2cm×15cm
肩ひも:リボン(巾3mm×15cm)*本ではガーゼテープ(1cm幅)使用

作り方

1.裁断したパーツの端にほつれ止めをつけます

2.スカートのウエスト側の前中心から左右に、4cm間隔に1.25mm折りながらタックを作り、まち針で止めていきます

3.仕上がり線を縫っていきます

4.仕上がり線で縫ったところから上下4mm幅のところにギャザー用ミシンを入れます

5.スカートのすそを3つ折りして縫っていきます

6.スカートのギャザーを寄せながら、ベルトの幅に合わせていきます

7.スカートとベルトを中表に合わせて、まち針で止めて、仕上がり線で縫っていきます

8.ベルトを前に倒し、裏側にもっていき”まつり縫い”をします。次にスカートの前中心から左右に肩ひもをつけていきます。この時、ドールに着せてバランスをみるといいです。

*ジェニーの場合は、2.0cm位が丁度良かったです*

9.ウエストからあき止まりまで裏側に折り縫います。次にスカートを中表にして、すそからあき止まりまで縫っていきます

10.できあがりです

ジェニー試着です
・FRONT・

・SIDE・

・BACK・

いかがでしたか

今回は、韓国の民族ドレスの「チマチョゴリ」を本を参考に作ってみました。スカートのタックを入れることで、仕上がりがボリュームが出てとてもかわいらしくできました。今回スカートで使用した生地はハリ感がある「タニポン」を使いました。ハリ感と素材のポリエステルで上品さが出てステキな仕上がりになりました(笑)コットンでもカジュアルな感じになってまた違う表情が楽しめると思います。個人的に綿ブロードやコットンボイルなどでもかわいらしく仕上がると思います。
ドール生地は実際これを使ってます

また上着のスナップで止めたところは、リボンを結んで垂らしてみたり、タッセルをつけてみたりとアイディア次第でもっとかわいくできます。また、この上着は浴衣や着物の変形なので、この作り方ができると浴衣や着物も作れるようになります。

更に言うとチマチョゴリを作ってみてから、世界中の民族衣装も作っていきたいなと欲がフツフツと出てきました。それでこんな本も見つけてしまいました。そのタイトルは「世界のかわいい民族衣装」です。タイミングを見ていずれ買ってみようと思っています。

by カエレバ

本日はここまでです。ドラジェの手しごと、楽しきひとときにご訪問ありがとうございます。また次回お会いしましょう!