ドール服作りの生地選び、厚み・手触り、特徴を知ると迷わない 

こんにちは。ドラジェの手しごと、楽しきひとときです。
いかがお過ごしですか?

今回はドール服作る時にはかかせない「生地」をいくつかご紹介ていきます。

例えば
「服のデザインに合った生地」
「こんな服には、この生地」
といったこだわりも、もちろんなのですが、

実際のところ、初心者の方も含め扱いやすい生地が一番というところに
行きつくのがワタシの思うところです・・・。

そんなことで実際、今まで使ってみた生地の使い心地などを、
あくまでワタシ目線ではありますが、お伝えしていき
ご参考になれば幸いと思います。

では、はじめていきましょう!

まずは、

ブロード

シーチング生地と見た目が、かなり似ていますが、
若干シーチングよりも、肌触りが柔らかいと思います。

薄地でもあるので、扱いやすさでもダントツ初心者の人にもオススメです。

シャツやスカート、ワンピースと様々に活用できる生地です。

色のバリエーションも豊富ですし、お値段もとてもお手頃です。
例えば手芸屋さんだと1m辺り700円前後、またはセールがあったらチェックしちゃいます。
手芸屋さんでもハギレで販売してるの所は多いと思います。

ネット購入だと平均500円から700円位が相場でしょうか?
プラス送料という感じですね。

ダブルガーゼ

その名の通り、2枚重ねのガーゼ生地になります。
ナチュラルなドール服には、おすすめな生地になると思いますよ。

特にHANONさんの本では「コットンリネン」という生地を使っていたりしますが、
その代用にもなる生地のようにも思います。

↓2枚重ねの厚さは、少し透ける程度。
やわらかく扱いやすい生地です。
ミシンで縫わなくても、布用ボンドで袖口、すそ

全てに布用ボンドをつけても、
生地がしっかりと密着しますのでミシンや手縫いが面倒だわという方は
作りやすい生地でもあります。

Tシャツのようなトップスや、スカート、
ワンピースなどオールマイティに作れて、
ドール洋服の”かわいらしさ“が出ると思います。

コットン(綿)

さらっとしてる生地で種類も豊富な生地です。
こちらも初心者の方にはおすすめです。
やはり扱いやすい生地です。
スカート、ワンピース、シャツなんて作るとかわいいですよ。

ジョゼット

やわらかく透け感があって上品な生地になります。
ドール服の袖や、生地と2枚重ねにしたり、
フリルにしたりとアイディアの幅が広がる生地です

↓オーガンジーよりもほんの少し厚みがあります。

オーガンジー

ジョゼット同様に、透け感のある生地です。ジョゼットよりも透け感があります。

リブニット

収縮する生地です。
パーカーの裾、袖のカフス部分にしたり活用できます

ポリエステル

表面がつるんとしてる生地です。
生地の落ち感があるので、ドレスにしてみたりもおすすめです。
裏地に使ってみたり、洋服の用途によってそれぞれに使いやすい生地です。

リバティ生地

言わずと知れたイギリス・ロンドンのプリント生地です。
ドール服にはぴったりのプリントは、どれもこれも欲しくなってしまいます。
かわいいものから、少しモダンまで様々な種類がありますよね。

↓こちらの生地もリバティのタナローン生地といわれるものです。
触ってみると、心地よい柔らかさあがあって個人的に超絶に大好きな生地です。
そしてとても扱いやすい生地ですよ。
お値段は、ちょっと高いですけど(笑)

もう1つ、リバティには「綿ブロード」という種類の生地もあります。
こちらは、オーソドックスな綿の肌触りですね。
手芸屋さんなどでは、ハギレなどで販売してるところも多くあると思います。

*柄物の生地で使う時は、細かい柄の方がドールの大きさとバランスが良いと思います。
大きめの柄だと、柄にフォーカスされてしまって個人的にバランスが悪い気がします。

リネン

こちらの生地はリネンの風合いがあるガーゼ生地です。
クラシカルなドール服を作る際にはかかせないリネン生地ですが、
柔らかさとそれなりの薄さを重視したいですね。

個人的にリネンって”ハリ”があって風通しがいいイメージなんですが、
ネットで買うときは、「ソフト」という記載されているのをおすすめします。
クタッ“とした柔らかい感じになります。

一枚だとかなり薄い記事です

重なるとこんな感じです


→1枚だと薄い生地なので2枚重ねて、帽子を作りました

リネンの生地はHINODEYAで購入しましたが、現在は廃盤になっているので
在庫はありませんが、参考に購入したお店をのせておきます

タニポン生地


なんだか面白いネーミングの生地ですね。
素材はポリエステル100%です。

肌触りは少しハリがあり、しわになりにくい素材です。
透け感もありませんね。縫いやすい生地だと思います。厚みも薄手の部類になります。

→韓国服(チマチョゴリ)のドレスに使ってみました

タニポンの生地はオカダヤ新宿店のネットショップで購入しました。
楽天とyahoo店で取り扱ってます。

いかがでしたか?

今回は、ドール服におすすめな生地をいろいろご紹介しました。

ネットで購入するのもいいですが、できるだけ手芸屋さんなどに出向いて、
実際に生地を見たり、触ってみて感触をみるのが一番です。

厚みや肌触りは、どうしてもネットでの購入は不確かな部分もあります。
なので、実際に手で触れてみる事はイメージも沸きやすいので、
ぜひおすすめですよ。

ワタシは生地を触るのが、今や趣味みたいになってしまってます(笑)

初心者の方なら、やはりコットン生地をおすすめします。
厚み・張り具合がちょうどいいと思います。
厚み・薄い、また生地の張りがあっても、いずれも”慣れ”が必要かもしれません。

きっと人それぞれに発見があると思います。

いろんな生地でドール服を楽しんで作ってみてください!!
→ドール服を作る時も、ミシン糸は生地に合わせて選び・こだわりたい
今後も何か発見し、「これいいなっ」と思ったら生地の更新していきますね。

本日はここまでです。
ドラジェの手しごと、楽しきひとときに
ご訪問いただきありがとうございます。

また次回もお会いしましょう!
~Well then,see you next time!