リカちゃん 大きめのツバ(ブリム)が特徴の帽子の作りかた

こんにちは。
ドラジェの手しごとです。

いかがお過ごしでしょうか?
今回は、6枚のクラウンでキャップリンという名の帽子を作ってみました。
参考した本もありますがブリム部分に接着芯をつけて、ハリをだしてみました。

さっそく作っていきましょう!!

モデル:リカちゃん(22.5㎝)

材料:


・生地(表地)+クラウン分:約23㎝x18㎝
・生地(裏地):約12㎝x16㎝

・接着芯(薄地):約12㎝x13㎝

作り方:

1.生地をパーツごとに裁断したら、生地の端にほつれ止めをつけておきます

2.プリムと接着芯(薄地)を中表に合わせて、接着芯のキラキラ面(糊面)をアイロンでブリムの裏地に合わせます

3.余った接着芯は、カットします。表地ができました

4.ブリムの表地と裏地をそれぞれ中表に合わせて縫い、縫いしろの角をカットしておきます

5.縫いしろをアイロンなどで割ります

6.クラウンを作っていきます。3枚づつ、中表にして縫い合わせていきます

7.3枚づつ、2組できました

8.次に2組を中表に合わせて縫い合わせていきます

*縫いしろはアイロンで割ります

9.クラウンの下側の縫いしろをカットしていきます

10.クラウンができました

11.クラウンとブリムを縫い合わせて、できあがり

リカちゃん試着です

・FRONT・

・SIDE・

・BACK・

・参考にした本・

いかがでしたか

今回は、キャップリンという名のブリムが大きめの帽子を作ってみました。
クラウンが6枚はぎの帽子は、ブリムと合わせる時に縫いしろ部分をきっちり合わせて
いかないとブリムと合わなくなり、チグハグになってしまいます。

ここが一番、難しいところですね。
何度か失敗しました。

でもどうしてか、本の通りに作ってみるんですが、1枚分のクラウンが
余分になるんですね~(苦笑)
6枚はぎだと、リカちゃんの頭にぴったりくるので、やはりクラウンは6枚なので、
ブリム部分を少し、従来の型紙より大きめにしないと合わないですね

とは言え、キャップリンという帽子はとてもかわいいので、いろんな生地で作ってみたい
デザインです。

次はブリムとクラウンが一体となってる「チューリップハット」を作ってみようと
思ってます。
難しさはそんなに感じないと思うので、次回アップしたいと思います。

まずは、型紙作りですね。

本日は、ここまでです
ドラジェの手しごと、楽しきひとときにご訪問ありがとうございます。
次回またお会いしましょう~
Well then,See you next time.Bye!!